ギターのチューニングの種類と必要な道具まとめ

ギターのメンテナンス方法

2021/06/12

ギターのチューニングの種類と必要な道具まとめ

ギターを正しい音で演奏するためには、チューニング(調律)が必要です。ギターの弦6本それぞれを決められた高さに調節します。チューニングにはいくつか種類があるので、それぞれマスターし、演奏する楽曲に合わせることが大切です。

今回はギターのチューニングの種類や、チューニングをするときに必要な道具、楽曲に合わせたチューニングのコツについて解説します。

ギターのチューニングの種類

ではさっそくギターのチューニングの種類から紹介していきましょう。チューニングには色々と種類がありますが、大まかに分けると4種類あり、そのなかでさらに細かく分かれています。

1. レギュラーチューニング

最も基本となるチューニングがレギュラーチューニングです。楽譜に何も指定がなければこのチューニングでOKと考えてよいでしょう。

レギュラーチューニングは、以下のとおりです。

  • 6弦=E(ミ)
  • 5弦=A(ラ)
  • 4弦=D(レ)
  • 3弦=G(ソ)
  • 2弦=B(シ)
  • 1弦=E(ミ)

2. 半音下げチューニング

ヘビーなサウンドを作るのに適している半音下げチューニングをすると、覚えたコード名を変えることなく半音下げた状態で演奏できます。名前の通り、すべての弦を半音下げるチューニング方法です。

半音下げチューニングは、以下のようにチューニングします。

  • 6弦=E♭(ミ♭)
  • 5弦=A♭(ラ♭)
  • 4弦=D♭(レ♭)
  • 3弦=G♭(ソ♭)
  • 2弦=B♭(シ♭)
  • 1弦=E♭(ミ♭)

3. ドロップチューニング

音をヘビーに演出できるドロップチューニングは、ギターで多用されるチューニング方法です。6弦ギターの場合、1弦から5弦に対して6弦のみを1音下げてチューニングします。

ドロップDチューニング

ドロップチューニングのなかでも使われることが多いチューニングです。

90年代に流行し始めたチューニング方法で、一番低いEの音をより低くすることでさらに音を重くする効果があり、今ではロックの定番チューニングにもなっています。レギュラーチューニングから6弦の音をDの音に下げる方法です。

ドロップDチューニングは、以下のようにチューニングします。

  • 6弦=D(レ)
  • 5弦=A(ラ)
  • 4弦=D(レ)
  • 3弦=G(ソ)
  • 2弦=B(シ)
  • 1弦=E(ミ)

ドロップC#チューニング

すべての弦を半音下げた状態から6弦だけをさらに下げるチューニングです。

ドロップC#チューニングは、以下のようにチューニングします。

  • 6弦=C#(ド#)
  • 5弦=G#(ソ#)
  • 4弦=C#(ド#)
  • 3弦=F#(ファ#)
  • 2弦=A#(ラ#)
  • 1弦=D#(レ#)

ドロップCチューニング

すべての弦を1音下げた状態から6弦だけをさらに1音下げるチューニングを指します。

ドロップCチューニングは以下のとおりです。

  • 6弦=C(ド)
  • 5弦=G(ソ)
  • 4弦=C(ド)
  • 3弦=F(ファ)
  • 2弦=A(ラ)
  • 1弦=D(レ)

ドロップBチューニング

すべての弦を1音半下げた状態から、6弦をさらに1音下げるチューニングです。

ドロップBチューニングは、以下のようにチューニングします。

  • 6弦=B(シ)
  • 5弦=F#(ファ#)/G♭(ソ♭)
  • 4弦=B(シ)
  • 3弦=E(ミ)
  • 2弦=G#(ソ#)/A♭(ラ♭)
  • 1弦=C#(ド#)/D♭(レ♭)

ドロップB♭チューニング

すべての弦を2音下げた状態から6弦をさらに1音下げるチューニングです。

ドロップ B♭チューニングは、以下のようにチューニングします。

  • 6弦=A#(ラ#)/B♭(シ♭)
  • 5弦=F(ファ)
  • 4弦=A#(ラ#)/B♭(シ♭)
  • 3弦=D#(レ#)/E♭(ミ♭)
  • 2弦=G(ソ)
  • 1弦=C(ド)

ドロップAチューニング

すべての弦を2音半下げた状態から6弦をさらに1音下げます。

ドロップAチューニングは、以下のとおりです。

6弦=A(ラ)

  • 5弦=E(ミ)
  • 4弦=A(ラ)
  • 3弦=D(レ)
  • 2弦=F#(ファ#)/G♭(ソ♭)
  • 1弦=B(シ)

ドロップA♭チューニング

すべての弦を3音下げ、6弦をさらに1音下げるチューニングです。

ドロップA♭チューニングは、以下のようにチューニングします。

  • 6弦=G#(ソ#)/A♭(ラ♭)
  • 5弦=D#(レ#)/E♭(ミ♭)
  • 4弦=G#(ソ#)/A♭(ラ♭)
  • 3弦=C#(ド#)/D♭(レ♭)
  • 2弦=F(ファ)
  • 1弦=A#(ラ#)/B♭(シ♭)

4. オープンチューニング

デジタルチューナー

1〜6弦の開放音を決められたコードに合わせるチューニング方法で、よくアコースティックギターのチューニングに使用されます。メジャー系のオープンチューニングとマイナー系のオープンチューニングに分かれ、メジャー系はロックやブルース、マイナー系はマニアックなマイナーペンタとニックスケールと相性のよいチューニング方法です。

オープンGチューニング

レギュラーチューニングをから6弦・5弦・1弦を1音下げるチューニングです。

オープンGチューニングは、以下のとおりです。

  • 6弦=D(レ)
  • 5弦=G(ソ)
  • 4弦=D(レ)
  • 3弦=G(ソ)
  • 2弦=B(シ)
  • 1弦=D(レ)

オープンAチューニング

レギュラーチューニングから4弦・3弦・2弦を1音上げたチューニングです。

オープンAチューニングは、以下のようにチューニングします。

  • 6弦=E(ミ)
  • 5弦=A(ラ)
  • 4弦=E(ミ)
  • 3弦=ラ(ラ)
  • 2弦=C#(ド#)
  • 1弦=E(ミ)

オープンDチューニング

レギュラーチューニングから6弦・2弦・1弦を1音下げ、3弦を半音上げるチューニングです。19世紀から使われているチューニングで、とくにブルースと相性がよいといわれています。

オープンDチューニングは、以下のようにチューニングします。

  • 6弦=D(レ)
  • 5弦=A(ラ)
  • 4弦=D(レ)
  • 3弦=F#(ファ#)
  • 2弦=A(ラ)
  • 1弦=D(レ)

オープンEチューニング

レギュラーチューニングから5弦・4弦を1音上げ、3弦を半音上げるチューニングです。

オープンEチューニングは以下のようにチューニングします。

  • 6弦=E(ミ)
  • 5弦=B(シ)
  • 4弦=E(ミ)
  • 3弦=G#(ソ#)
  • 2弦=B(シ)
  • 1弦=E(ミ)

オープンGmチューニング

レギュラーチューニングから6弦・5弦・1弦を1音下げ、2弦を半音下げるチューニングです。

オープンGmチューニングは以下のとおりです。

  • 6弦=D(レ)
  • 5弦=G(ソ)
  • 4弦=D(レ)
  • 3弦=G(ソ)
  • 2弦=B♭(シ♭)
  • 1弦=D(レ)

オープンAmチューニング

レギュラーチューニングから4弦・3弦を1音上げ、2弦を半音上げるチューニングです。

オープンAmチューニングは以下のようにチューニングします。

  • 6弦=E(ミ)
  • 5弦=A(ラ)
  • 4弦=E(ミ)
  • 3弦=A(ラ)
  • 2弦=C(ド)
  • 1弦=E(ミ)

オープンEmチューニング

レギュラーチューニングから5弦・4弦を1音上げるチューニングです。

オープンEmチューニングは、以下のようにチューニングします。

  • 6弦=E(ミ)
  • 5弦=B(シ)
  • 4弦=E(ミ)
  • 3弦=G(ソ)
  • 2弦=B(シ)
  • 1弦=E(ミ)

オープンDmチューニング

レギュラーチューニングから6弦・3弦・2弦・1弦を1音下げるチューニングです。

オープンDmチューニングは、以下のとおりです。

  • 6弦=D(レ)
  • 5弦=A(ラ)
  • 4弦=D(レ)
  • 3弦=F(ファ)
  • 2弦=A(ラ)
  • 1弦=D(レ)

変則的チューニング

変則チューニングは、ほかの弦楽器やそれぞれの国の文化から生まれたチューニングをギターに転用したものです。それぞれ特徴的な独特の響きを持っています。

DADGAD(ダドガド)チューニング

レギュラーチューニングを基準として、6弦・2弦・1弦を1音下げるチューニングで、アイリッシュ系サウンドに使われます。

DADGADチューニングは、以下のとおりです。

  • 6弦=D(レ)
  • 5弦=A(ラ)
  • 4弦=D(レ)
  • 3弦=G(ソ)
  • 2弦=A(ラ)
  • 1弦=D(レ)

DADEAD(ダデッド)チューニング

レギュラーチューニングを基準に6弦・2弦・1弦を1音下げ、3弦を1音半下げたチューニングです。

DADEADチューニングは、以下のようにチューニングします。

  • 6弦=D(レ)
  • 5弦=A(ラ)
  • 4弦=D(レ)
  • 3弦=E(ミ)
  • 2弦=A(ラ)
  • 1弦=D(レ)

DGDGCDチューニング/オープンGsus4チューニング

レギュラーチューニングを基準に6弦・4弦・1弦を1音下げ、2弦を音半下げたチューニングです。透明感を感じさせるチューニングです。

DGDGCDチューニングは以下のようにチューニングします。

  • 6弦=D(レ)
  • 5弦=G(ソ)
  • 4弦=D(レ)
  • 3弦=G(ソ)
  • 2弦=C(ド)
  • 1弦=D(レ)

DGDGADチューニング

レギュラーチューニングを基準に6弦・5弦・2弦・1弦を1音下げたチューニングです。

DGDGADチューニングは、以下のとおりです。

  • 6弦=D(レ)
  • 5弦=G(ソ)
  • 4弦=D(レ)
  • 3弦=G(ソ)
  • 2弦=A(ラ)
  • 1弦=D(レ)

GBDGBDチューニング/Gチューニング

レギュラーチューニングを基準に6弦を1音半下げ、5弦を1音上げ、1弦を1音下げるチューニングです。

GBDGBDチューニングは、以下のようにチューニングします。

  • 6弦=G(ソ)
  • 5弦=B(シ)
  • 4弦=D(レ)
  • 3弦=G(ソ)
  • 2弦=B(シ)
  • 1弦=D(レ)

ギターのチューニングの種類別必要な道具

音叉

ギターのチューニングに必要な道具を解説します。なかにはチューニングが一度でできる便利な道具もあるので、初心者の方にもおすすめです。

チューナー

チューニングを正確にするには、なんといってもチューナーが必要となります。チューナーはカードタイプ・エフェクタータイプ・クリップタイプと種類も豊富です。スマホのチューナーアプリを使ってもよいでしょう。

音叉

特定の音を出し、その音とギターの音を聞き比べてチューニングする際に使います。チューナーの方が簡単にチューニングできますが、耳を鍛えるためにも使えるようにしておくとよいでしょう。

PITCH-KEY

あらかじめチューニングの設定を器具にしておくと、弦に取り付けるだけで簡単にチューニングができます。毎回チューニング変更するのが面倒だと感じる方や、チューニングに慣れていない初心者におすすめです。

チューニングを変えることで弦が緩くなることがあります。レギュラーゲージの弦では演奏しづらいことがあるので、チューニングに合わせた弦を楽器店で相談してみましょう。

楽曲に合わせたギターチューニングのコツ

チューニングを変えることでギターの音色の印象が大きく変わってきます。楽曲に合わせたチューニングをするためには、原曲のチューニングがどのようになっているかを確認しましょう。

ギタリストによって好むチューニングは異なり、楽曲によって使い分けている人がほとんどです。また、楽譜にチューニングの指定がある場合もあるので、必ずチェックしましょう。

楽曲や楽譜に合わせてチューニングしながら、自分に合うチューニングを見つけていくことをおすすめします。

チューニングのさまざまな種類をマスターして音を使いこなそう

チューニングの種類は、今回紹介しただけでもかなりの種類があります。実際にどんな音になるかは、ご自身のギターで試してみてください。

さまざまな種類のチューニングを試すことで、チューニングをするコツも習得できますよ。

「総合的にギター技術を向上させたい」方は、Beeミュージックスクールの無料体験レッスンへ

一覧に戻る

在校生徒様問い合わせはこちら